猫の餌には無添加がいい

猫の餌には無添加がいいといわれています。無添加とは、香料や着色料、酸化防止剤などが含まれていない餌になります。なぜ、無添加が健康にいいかというと、余計なものは猫の体にはよくないからです。

コンビニで売っているおにぎりや惣菜などの商品には、見栄えや香り、保存状態を良くするために大量の香料、着色料、酸化防止剤が含まれています。こちらの物質は過剰摂取すると人体に悪影響で、人間が食べても発がん性があったり、糖尿病のリスクが高まったりします。見栄えが良くて、いい香りでおいしそうな食品というのは、何かしらの悪影響な添加物依存であることが多いのです。

これを猫に食べさせるとどうでしょう?猫が病気になってしまうリスクがあります。普通のスーパーマーケットに売られているキャットフードには、ほとんどといっていいほどこの添加物が含まれています。ペットフードの見た目と香りが強いものは猫を誘っているのです。こんな体に悪影響なものは、猫に食べさせたくないという愛猫家は、無添加のキャットフードを選んでください。ただ、残念なことに市場に出回っているものは数少なく、インターネットからの注文や専門店での扱いとなりますのでご注意下さい。