日別: 2017年3月12日

猫の餌にはグレインフリーがいい

猫の餌にはグレインフリー、すなわち穀物不使用のものがいいとされています。なぜ、穀物不使用のものがいいかというと穀物は本来、猫に必要な動物性アレルギーではなく、腹持ちのいい余計なものを与えているに過ぎないからです。人間でいう、ファストフードやインスタントラーメンを猫に与えていると考えてください。こんなものを食べ続けると猫が死んでしまいますね。体は、必要な栄養を必要な量とらなければ、うまく機能しなくなります。

穀物とは、米や大豆、とうもろこしや小麦のことで、猫はこんなものを嫌うのと疑問に思う事でしょう。正しくは嫌うのではなく必要ないのです。あなたも野良猫に人間が食べるお米やとうもろこしの残飯をあげた経験があるのではないでしょうか?しかし、猫には腹持ちを良くする以外、必要のないものなのです。野良猫といっても、狩猟精神のある小さなハンターですから、駐車場にいつも寝ているだけではなく、テリトリーを散策したり、場合によってはそこで、ネズミなどの格好の餌食を拝借しているはずですが。

グレインフリーが猫にいいかどうかというのは、好き嫌いのことではなく、必要、不要の議論になります。あなたの猫が喜んで食べてくれるなら、どうせなら健康にいいものがいいですね。