カテゴリー: 未分類

猫の餌にはグレインフリーがいい

猫の餌にはグレインフリー、すなわち穀物不使用のものがいいとされています。なぜ、穀物不使用のものがいいかというと穀物は本来、猫に必要な動物性アレルギーではなく、腹持ちのいい余計なものを与えているに過ぎないからです。人間でいう、ファストフードやインスタントラーメンを猫に与えていると考えてください。こんなものを食べ続けると猫が死んでしまいますね。体は、必要な栄養を必要な量とらなければ、うまく機能しなくなります。

穀物とは、米や大豆、とうもろこしや小麦のことで、猫はこんなものを嫌うのと疑問に思う事でしょう。正しくは嫌うのではなく必要ないのです。あなたも野良猫に人間が食べるお米やとうもろこしの残飯をあげた経験があるのではないでしょうか?しかし、猫には腹持ちを良くする以外、必要のないものなのです。野良猫といっても、狩猟精神のある小さなハンターですから、駐車場にいつも寝ているだけではなく、テリトリーを散策したり、場合によってはそこで、ネズミなどの格好の餌食を拝借しているはずですが。

グレインフリーが猫にいいかどうかというのは、好き嫌いのことではなく、必要、不要の議論になります。あなたの猫が喜んで食べてくれるなら、どうせなら健康にいいものがいいですね。

猫の餌には無添加がいい

猫の餌には無添加がいいといわれています。無添加とは、香料や着色料、酸化防止剤などが含まれていない餌になります。なぜ、無添加が健康にいいかというと、余計なものは猫の体にはよくないからです。

コンビニで売っているおにぎりや惣菜などの商品には、見栄えや香り、保存状態を良くするために大量の香料、着色料、酸化防止剤が含まれています。こちらの物質は過剰摂取すると人体に悪影響で、人間が食べても発がん性があったり、糖尿病のリスクが高まったりします。見栄えが良くて、いい香りでおいしそうな食品というのは、何かしらの悪影響な添加物依存であることが多いのです。

これを猫に食べさせるとどうでしょう?猫が病気になってしまうリスクがあります。普通のスーパーマーケットに売られているキャットフードには、ほとんどといっていいほどこの添加物が含まれています。ペットフードの見た目と香りが強いものは猫を誘っているのです。こんな体に悪影響なものは、猫に食べさせたくないという愛猫家は、無添加のキャットフードを選んでください。ただ、残念なことに市場に出回っているものは数少なく、インターネットからの注文や専門店での扱いとなりますのでご注意下さい。

猫の健康ペットフードについて

近年では、自分の愛猫に体にいいものを食べてほしいという愛猫家の要望によって、添加物を使用していない無添加のキャットフードやグレインフリー、すなわち穀物不使用のキャットフードがブームとなっています。

しつけやなつかせるためについつい回数の多くなってしまう餌やり、市販のキャットフードの中にはおやつ感覚で与える猫の体に害になるものは表記してないだけで多くあります。カツオやサーモンを使ったセミモイスト(半生)タイプのおいしそうなやつは、猫が喜ぶといって与えたくなるものです。

キャットフードは、今やどこのお店でも売られているといっても過言ではないくらい目にする機会が多いです。100円ショップやコンビニでも売られています。『わがまま猫』という名前のついたぜいたく品もあります。しかし、与えすぎはよくありません。猫には必要とされるカロリーがあり、『RER×係数』という目安とされるカロリーを表す公式があります。このRERを求める掛け算には、体重が含まれていますから、猫の重さに比例して、一日に必要なカロリーの目安が上がり下がりすると考えていいです。例えば、太っても痩せてもいない標準的な猫の体重が3kgの場合、RERは160kcalになります。

人間におやつを与えすぎると太ってしまうのと同じですね。猫の餌は、近年進化を遂げています。人間の健康志向の高まりは、猫の餌にまで及び、無添加のキャットフードやグレインフリーのキャットフードが好まれるようになりました。